不定形爆発 Ver.2.0

アニメとか漫画とか、まあ色々。与太話ブログ。プラモの話と写真はTwitterに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『鉄のラインバレル』9巻 感想

発売日に買いましたが、感想書くのが遅れてしまいました。すみません。


今回の表紙は中学生通り越して小学生www桐山 英治と可変型マキナプリテンダーで、キリヤマ重工編のクライマックスまでが収録されています。

この巻の見所は個人的には
・初の可変型のマキナであるプリテンダー
・厨二病とかじゃなくて「こいつ、マジで大丈夫か・・・」という感じの桐山   の2つですね。

まずプリテンダーですが
IMG_0082_convert_20080420000501.jpg

可変型ということもあって、今までのマキナとはかなり違う意匠になってます。
まず第一に、顔が虫っぽい(をぃ ということですね。あと腕や胴体が細いです。
まぁ、そんなことよりも特筆すべきは、やはり可変機構でしょう。誌面で見た限りだと相当に複雑な変形をしてましたし、またその変形速度でラインバレルを苦しめ(戦闘機形態でビームを避けつつ突っ込んできながら人型に変形する、とか)その特異性は十分に発揮されていたといえるでしょう。
それと、このプリテンダーの正式な機体名は「ディスィーブⅣ」(いわくプリテンダーはコードネームのようなもの)なので、武装として無線式ナーブクラックを持つなどディスィーブの正統な後継機の一面も併せ持っています。

桐山 英治については、
IMG_0088_convert_20080420002222.jpg
このコマで不覚にも吹いてしまいましたw
一応コマの説明をしておくと、自らの会社であるキリヤマ重工がJUDAに買収され、社長を解任されショックを受けている、というものです。この時、ラインバレルの攻撃に対してまったくの無防備でした。ショック受けすぎだろwww
とはいえ、プリテンダーの操縦技術はかなりのものでしたし、それを操縦しながら無人機の迅雷(ジンライ)数機も同時に操るなど多芸なところを見せてくれました。

戦闘シーンがこの巻は多めなので、それだけでも見る価値ありですよ!鉄のラインバレル 9(←販売宣伝)


ああ、これから『鉄のラインバレル』については毎巻、毎話感想を書くつもりなので今後よろしくお願いします。
  1. 2008/04/20(日) 00:35:34|
  2. 鉄のラインバレル(漫画)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<『鉄のラインバレル』第41話「邂逅」 感想 | ホーム | 初めてバトンをやってみるよ!>>

コメント

そうなんだ─ぁ(ノ´∀`)ノ♪
桐山オワッタかww
森サンはどうなったんです??
JUDAに戻ったの(゚Д゚≡゚Д゚)??
可変型かぁ… かっこいいんだろうな><;
漫画買おうかなぁヾ(´Д`;●)
まぁ感想楽しみにしてるよッ^^
  1. 2008/04/20(日) 22:21:04 |
  2. URL |
  3. ニワトリ #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boricacid.blog79.fc2.com/tb.php/11-9ca15255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。