不定形爆発 Ver.2.0

アニメとか漫画とか、まあ色々。与太話ブログ。プラモの話と写真はTwitterに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『マイガール』第3巻 “枠”の拡大と子供の成長

マイガール 3 (BUNCH COMICS)マイガール 3 (BUNCH COMICS)
(2009/06/09)
佐原 ミズ

商品詳細を見る

いやぁ、今回も素晴らしかったです『マイガール』。

んでもって、読み終わって感じたことが1つ。

今回、コハルちゃんと正宗くんのかけ合い少ないんじゃない?
その代わりに他のキャラの出番が多かった印象。
そこで、1~3巻で、コハルちゃんの親族以外のキャラクターがメインで登場する話数を数えてみると、
第1巻:2/9話
第2巻:4/9話
第3巻:5/8話

と、確実にその比率は高まっています。

これはどういうことなのか?
そういったキャラは、いずれもコハルちゃんとの関係を持っていることから、自分はコハルちゃんが成長しているということだと思っています。
親子、或いは家族という枠を超えた、その先。それは友達であったり学校であったり、それ以外の何かであったりするわけですが、その“枠”の拡大こそが、子供の成長を如実に感じさせるものなのだと思います。ここでは、枠の拡大というよりは、人間関係の拡張と言った方がわかりやすいかな。

人間関係的“枠”でなく、地域的“枠”の拡大という点でも、今回は成長が見られました。特にコハルちゃんが、塾に友達の住所を訊いて、訪ねていくシーン。
行動半径の拡大は大人にも、子供にも、「成長した」という感覚を与えうるものじゃないでしょうか。
子供視点でのその感覚は、『マイガール』では感じづらいかもですが、『よつばと!』なら感じやすいと思います。あの初めて自転車に乗った時の話とかね。

これからも、コハルちゃんがどういう女の子に成長していくのか、楽しみでなりません。
今回、出番が多かったサブキャラが、保育園の同級生だった秋くん。
その秋くんとコハルちゃんとのかけ合いが、個人的には3巻の一番の見所だと思っています。
その中でも特に挙げたいのが、秋くんがコハルちゃんをかばってケンカした後のシーン。IMG_0847_convert_20090610071327.jpg
これはニヨニヨせざるをえない。

あー、もう、本当に心が洗われますな。
次巻も、色々な成長に期待しつつ待とうと思います。
  1. 2009/06/10(水) 07:20:27|
  2. 漫画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『けいおん!』#11「ピンチ!」/律澪は俺のホーリネス | ホーム | 『けいおん!』#10「また合宿!」/先輩たちって、いつ練習してるんだろう・・・?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boricacid.blog79.fc2.com/tb.php/160-c881306b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。