不定形爆発 Ver.2.0

アニメとか漫画とか、まあ色々。与太話ブログ。プラモの話と写真はTwitterに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その力、まさに鬼神のごとく―『鉄のラインバレル』第55話「マキナ殺し」

チャンピオン RED (レッド) 2009年 08月号 [雑誌]チャンピオン RED (レッド) 2009年 08月号 [雑誌]
(2009/06/19)
不明

商品詳細を見る

いやー、『トランスフォーマー』面白かったですなぁ。
どうも、ホウ酸です。
最近『けいおん!』の話しかしていないので、このブログがラインバレルを応援しているということが忘れ去られているのではないかと、戦々恐々とした日々を送っております。
たまにはメカの話もしないとね!

ではでは早速本題へ。追記からどーぞ。

・制御不能
空から降り立った3機の新型と相対した浩一。
こいつら新型のアルマか?と浩一が訝っていると、突如、浩一の体に異変が。
それと同時に、コクピット内のスクリーンには無数の真っ白なウインドウが表示され、ラインバレルが動かなくなってしまいます。
IMG_0856_convert_20090621005334.jpg

「・・・・・・あの時と同じ ヴァーダントが怯えている・・・・・・」
そう呟く森次。マキナの動きに制限が課されたようですが、沢渡のアルマや新型は動けているので、今までとは異質なものなのかも。
城崎も不安になったのか、外へと飛び出してしまいます。

再びコクピット内。
真っ白だったモニターには、浩一にはワケのわからぬ映像が映し出されます。
それは、居並ぶ目の前のものと同型のマキナたち。未来の映像。
そして、事態の飲み込めない浩一の頭に、不思議な声が響きます。

「マキナを殺せ」

その声に呼応するように、黒化現象が始まり、ラインバレルはオーバーライド状態へ。
加藤機関側でも、何が起きているのかと問う沢渡に、加藤は言います。
「彼が―ラインバレルが真の姿を見せるのさ」

・マキナ殺し
新型に乗り込んだガイア、オルテガ、マッシュ・・・・・・じゃなかった、古橋、岸田、井手の3人は、ラインバレルに斬りかかろうとしますが、突然、ラインバレルの頭部が変形し始めます。
そして現れるラインバレルの真の姿。
IMG_0869_convert_20090621021405.jpg

IMG_0865_convert_20090621005531.jpg

3人が仕掛けてくる前に、ラインバレルは背後へと瞬間移動。
上方へ蹴り上げ、オーバーライドで吹っ飛んだ機体に追いつき、地へと叩き落とす。その圧倒的な力に、残った2人は声が出ません。
動けなくなった敵機の、長刀を掴んだ腕を無理矢理ちぎり取り、その長刀で、コクピットを狙うラインバレル。
浩一の「やめろォオォ」という必死の叫びもむなしく、無情にもコクピットを刺し貫くラインバレル。その刀から滴るのは、赤。
「マキナを殺せ」

間髪いれず、オーバーライドでもう一機の前に現れたラインバレルは、コクピットをその手で刺突します。
「あぁ・・・ ・・・お願いだ・・・やめてくれよ」と言う浩一の言葉など構わず、そのコクピットを砕くラインバレル。
その掌から漏れ出でるのは、赤。人殺しはしない。そう誓った浩一の思いを、踏み砕く赤。

崩れ落ちる新型を前にして、浩一は叫びます。
「なんでだよ なんで殺したぁ!?アレはマキナじゃないだろう!!!」
その叫びを、思いをかき消すかのように、コクピットには「マキナを殺せ」の声が響きます。

怒りに任せ、ラインバレルに斬りかかる古橋。
しかし、その腕は無残にも斬り落とされ、逆に頭部を掴まれてしまいます。そのまま握り潰そうと、ラインバレルは力をこめます。
と、その時、森次を振り切った沢渡が、ラインバレルの背後へとビームを放ちますが、ラインバレルはもう片方の掌に超圧縮転送フィールドを展開。ビームを受け止め―。
IMG_0863_convert_20090621005617.jpg
ビームを転送して、イダテンを撃墜。
負傷した沢渡は、新型の乗員に逃げるように言います。と、ここでパイロットがデミトリーを殺した古橋であることが沢渡に発覚。
が、そんなことはお構いなく、ラインバレルは「マキナを殺せ」の言葉とともに、頭部を圧壊させます。

しかし、コクピットを破壊する前に、ラインバレルに斬りかかる青い影が。
ヴァーダントから、森次さんは話しかけます。
「そこまでだラインバレル 否 ―城崎天児
「城崎天児って・・・・・・じゃあこの声は―!!」と、浩一も声の主に気付いたよう。
「待ってろ早瀬 今彼を止めてやる」と、頼もしい言葉を森次は与えてくれます。

そして、自身の後ろに並ぶJUDAの面々に向かって森次は話し出します。
「いいか 今やラインバレルは早瀬の制御から離れ 本来のファクター・城崎天児によって行動し その目的はマキナの破壊だ
それ故我々にも一切の容赦なく全力で仕掛けてくるだろう― 各員覚悟はいいか?
ではこれより― ラインバレル破壊作戦を開始する

IMG_0868_convert_20090621021509.jpg


というところで今月は終わり。
それにしても、ラインバレルが強過ぎです。もう何やっても勝てる気がしません。
しかし、超圧縮転送フィールドは便利ですなぁ。エグゼキューター使えば、自前でどこからでも相手を撃てますよ、コレ。それなんてチート?
んでもって、浩一の声を聞かずに暴れるラインバレルには、3号機を解体するエヴァ初号機と似たものを感じます。それにしても、今回、浩一無力だったなぁ・・・。

そしてラインバレル破壊作戦。これ、どう考えても九条さんが邪魔しに来ますよね。「浩一クンを傷付けないで!」とか言って。Oh、ヤンデレッテコワイネ~。

3人組は黒い三連星以下の働きでの退場となりました。哀れ。せっかく再就職できたのに・・・。冥福を祈ります。

結局、ラインバレルには城崎天児が宿ってると考えていいんでしょうか。新型を見た途端にあの変化でしたので、未来で何があったのか気になるところです。

来月、この予想が当たったら、自分もモーゼと肩を並べられますな。あ、それは予言者じゃなくて預言者か。



―次回 第56話「荒ぶる因子」
  1. 2009/06/21(日) 02:03:52|
  2. 鉄のラインバレル(漫画)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬の日。どんなに寒くても、僕は幸せ。/『けいおん!』番外編「冬の日!」 | ホーム | 『けいおん!』と『サザエさん』の差異―『けいおん!』11話の評価について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boricacid.blog79.fc2.com/tb.php/164-8a2a3a02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。