不定形爆発 Ver.2.0

アニメとか漫画とか、まあ色々。与太話ブログ。プラモの話と写真はTwitterに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラインバレル破壊作戦、発動───『鉄のラインバレル』第56話「荒ぶる因子」

チャンピオン RED (レッド) 2009年 09月号 [雑誌]チャンピオン RED (レッド) 2009年 09月号 [雑誌]
(2009/07/18)
不明

商品詳細を見る

マジでラインバレルに勝てる気がしない。
そんな第56話です。続きは追記からどうぞ。

体調不良で、書くのが遅れました。すみません。

・仇討ち
石神社長の策略で、真の力を目覚めさせたラインバレル。それを止めるためにJUDAの面々が立ちふさがります。
森次は、この作戦は、本当にラインバレルを破壊するのではなく、動きを封じるためのものだと浩一に話します。

一方、デミトリーを殺した古橋が加藤機関にいることに激昂する沢渡。
「野郎・・・・・・ ・・・旦那を殺しておいてなんで加藤機関にいやがる!!?誰だ 誰が引き込みやがったァ
と叫びます。
引き込んだのは、デミトリーが死んだとき、沢渡を慰めていたレズナーその人だというのは皮肉なもんですなァ。
「今はブッ殺すだけだ!!」と意気込む沢渡は、仇を取ろうと古橋のアルマにビームの照準を付けます。
が、その瞬間、オーバーライドで転移してきたラインバレルの貫き手がアルマのコクピットを貫きます。
仇討ちを邪魔された。
それに怒り狂った沢渡はビームをラインバレルに向けて放ちます。
動じることもなく、すでに活動を停止したアルマをそれに向かって投げるラインバレル。
光の中に消えていくアルマ。

目下の目標を殲滅したラインバレルは、ゆっくりとJUDAの面々に向き直ります。
そして───オーバーライド。


・ラインバレル破壊作戦
一瞬でヴァーダントの背後に回りこむラインバレル。応射。サブマシンガンが火を噴く。
そこにバレットアームを叩き込もうとするハインド・カインド。しかし、オーバーライドで容易く避けられ、伸ばした右腕を切断されてしまう。
続いて懐に転移したラインバレルは太刀をハインドのコクピットに突き立てようとするが、その背後からナーブクラックが迫る。
ハインドを蹴り、反動で飛び上がりそれを避けたラインバレルは、今度はタリスマンの上に転移。槍で受け止め、宗美はプラズマでラインバレルの人工筋肉を焼ききろうとするが、その意図に気付いたのか、再び転移して距離をとるラインバレル。

そんな戦闘を見ていた加藤は、「しばらくはこのショーを見物していよう」と高みの見物を決め込みます。なにか思うところがあるようですが・・・。

ラインバレルを取り囲む森次たち。オーバーライドなどの過使用などによるエネルギー切れを狙っていたようです。
自らのエネルギーが残り少ないことを悟ったラインバレルは、太刀を捨て、「アレ」を引き出します。
IMG_0921_convert_20090723031734.jpg
エグゼキューター。
これがホントの「鬼に金棒」だネ、って誰がうまいこと言えと(ry

それを見た森次は、「ならば こちらも一気に終わらせるまでだ」と言い、総員で短期決戦を挑みます。
タリスマンがまず先陣を切って飛び出しますが、ラインバレルが狙うのは、動きの鈍重なディスィーブ。
森次はイズナに回避を命じますが、距離が近すぎてそれは不可能でした。続けて山下に命じて、ラインバレルの背後へバレットアームを打ち込ませます。
伸びる腕。奔る閃光。
圧縮転送フィールドでタリスマンの背後へと送られ、白銀の機体に痛烈な打撃を加えるバレットアーム。ケーブルによる防御をあっさりと破り、ディスィーブを貫く光。
結果、ラインバレルへのダメージ、一切なし。
コクピットへの損害は免れたものの、黒煙を上げるディスィーブ。
戦塵の中に健在なラインバレルを認めると、森次は「―中島さん 少しの間お願いします」と言い残し、どこかへと消えてしまいます。
煙の中へと消えたヴァーダントを撃とうと、エグゼキューターの先端を向けるラインバレル。タリスマンは、その一瞬の隙を突いて、ラインバレルの懐にもぐりこみます。
槍から奔るプラズマの光。
人口筋肉を焼かれたラインバレルは、地に膝をつきます。

警報鳴り響くラインバレルのコクピット。
浩一は言います。
IMG_0923_convert_20090723031833.jpg
「ラインバレルが・・・・・・・・・ 悲鳴を上げている?」

一連の戦闘を見て、口元をゆがめる社長。
IMG_0924_convert_20090723031909.jpgこのおっさん、一体何を企んでいるのか・・・。

・スマッシュ・ドール ライブin福岡
九条さんが所属するアイドルグループ「スマッシュ・ドール」のライブが行われている福岡(恐らくYahooドーム)。
長崎での戦闘がこっちへ向かってくる可能性があるため、ライブは中止され、避難が始まります。
恐慌状態になる会場内。
そこに九条さんは「皆さん大丈夫です だから落ち着いてください」と声をかけます。
ペインキラーを呼び出し、「皆さんは私が守ります!!だから安心してください!!」と、更に強く呼びかけます。
九条さんがファクターであるのを知ったことで、驚愕に静まる場内。
そして───熱狂。
IMG_0926_convert_20090723031946.jpg
興奮に沸き立つ観衆。
九条さんの意図は、どこにあるのか・・・。



───次回 第57話「百花繚乱」
  1. 2009/07/23(木) 03:53:47|
  2. 鉄のラインバレル(漫画)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チャンピオンREDには珍しい(ありがたい)静けさだよね。吉富昭仁『地球の放課後』 | ホーム | 『かなめも』第3話「はじめての、スマイル」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boricacid.blog79.fc2.com/tb.php/184-085acc8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。