不定形爆発 Ver.2.0

アニメとか漫画とか、まあ色々。与太話ブログ。プラモの話と写真はTwitterに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チャンピオンREDには珍しい(ありがたい)静けさだよね。吉富昭仁『地球の放課後』

チャンピオン RED (レッド) 2009年 09月号 [雑誌]チャンピオン RED (レッド) 2009年 09月号 [雑誌]
(2009/07/18)
不明

商品詳細を見る

というわけで、前回の読みきりを経て、吉富先生がチャンピオンREDに戻ってきてくれました。
モツやらOPPAIやら毛やら生首やらが跋扈する秋田の赤い核実験場に、清涼剤のような、気分を落ち着かせてくれる漫画が来たことは、天からの救いのように思えてなりません。
ジャンル的にはSFだと思うので、

エロ
グロ
ファンタジー
ロボット
SF ←New!

これが今のチャンピオンREDじゃないかと思います。




さて本題。
この漫画から感じられる「静けさ」の話。
『地球の放課後』は、<突如として世界各地に現れた謎の生命体「ファントム」。それが1年かけて人々を消し去ってから更に1年。世界には、4人の少年少女しか残っていなかった。>という世界設定の漫画で、察しの通り、この漫画の静けさとは「人がいない」ことの静けさ。
IMG_0936_convert_20090725215742.jpg
それは街並みにも、道路にも、デパートにも人がいない画面から、自然と感じられます。


しかし、この漫画の静けさは、それだけじゃありません。
例えば、ファントムが人を消していくシーン。この人を消すシーンがすごく静的なんですよね。
地球の放課後IMG_0930_convert_20090724233422.jpg(クリックで大きい画像)
人を、輪切りにしたプレパラートみたいにして(イメージ的には、『ジョジョ』5部のソルベかな)黒い塊が飲み込んでいくんですよ。別に変なビームとかは使いません。全然派手でもないです。
擬音もあっさりとしたもので、「カシッ」と「カカカカ」だけ。その擬音も小さめに書かれているという、ね。
これって、人類の終末にしては、すごく地味で、すごく静かだとは思いませんか?

それともう1つ。
時間の進み方がすごく緩い。
これも静けさを感じさせる一要因なんじゃないかと思います。実際、第1話35ページ近くかけて、1日を描いているわけですからね。ゆっくりとした日常には、そんなにドタバタとしたできごとの入る余地は無いんじゃないかと。主人公たちの年齢的にも(最年少の子でも、小学生高学年くらいに見えます)。
それと、注目したいのが、主人公たちが車に乗るシーン。
IMG_0932_convert_20090724233451.jpg
効果線も、擬音も使わないほどにゆっくり動いているんですよね。すごーく静かに。
これは、時間の進み方というか、スピードの問題なわけですが、それでも静けさを感じさせるのに、非常に貢献していると思います。

漫画の技術的なことで言えば、ほとんどのセリフに「!」が無いだとか、効果線がほとんど無いとか、色々ありますが、自分では知識が浅いので、ここでは割愛。




そんな、終末を迎えたような世界の中で、いつか人が帰ってくるのを待つ主人公たち4人。
いつまたファントムが現れるか分からない。自分たち以外に、もう人はいないのかもしれない。
それでも。

「今はね・・・放課後みたいなものなんだよ。いつか朝になってみんなが戻ってきて授業が始まる・・・
きっと・・・今は地球が一息ついてるだけなんだよ」

(『地球の放課後』#1「地球の一日」より)

静かなこの世界で、みんなの帰りを待ってみよう。



BLUE DROP-天使の僕ら 1 (チャンピオンREDコミックス)BLUE DROP-天使の僕ら 1 (チャンピオンREDコミックス)
(2007/09/20)
吉富 昭仁

商品詳細を見る
BLUE DROP-天使の僕ら 2 (チャンピオンREDコミックス)BLUE DROP-天使の僕ら 2 (チャンピオンREDコミックス)
(2008/03/19)
吉富 昭仁

商品詳細を見る

  1. 2009/07/23(木) 05:20:39|
  2. 漫画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『かなめも』第4話「はじめての、プール」/夏はやっぱりプールでしょ♪ | ホーム | ラインバレル破壊作戦、発動───『鉄のラインバレル』第56話「荒ぶる因子」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boricacid.blog79.fc2.com/tb.php/185-c4918295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。