不定形爆発 Ver.2.0

アニメとか漫画とか、まあ色々。与太話ブログ。プラモの話と写真はTwitterに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『東京マグニチュード8.0』 第5話 「慟哭の、学び舎」/隣人愛って大事だな

未来、だいぶ素直になったよなぁ。
東京マグニチュード8.0 (初回限定生産版) 第1巻 [BD] [Blu-ray]東京マグニチュード8.0 (初回限定生産版) 第1巻 [BD] [Blu-ray]
(2009/10/28)
花村怜美小林由美子

商品詳細を見る


簡単な感想です。

避難場所になっている未来の中学校にたどり着いた3人。未来はステンドグラスを悠貴に見せようとして、講堂へと連れて行きますが、そこは遺体安置所になっていました。そこで、母親が死んで泣き崩れるクラスメイトの姿を見ます。
「何もして上げられなかった・・・・・・」と落ち込む未来。
そんな折、地元のボランティアの古市という老人と知り合いになります。孫が亡くなって、色々と大変なのに、それでも周りを気遣うその優しさに触れて、涙する未来。
その日の夜、真理に抱かれて、未来は呟きます。「こんな時にも、出来ることはあるんだ・・・・・・」


未来の変化が如実に出ていた話だと思います。
弟の悠貴との仲はもちろん、人の優しさに触れて涙するなど、正直、今までの展開からは想像できませんでした。それだけ、前回の東京タワーの一件が効いたのでしょう。うん、ホント素直になった。

そして古市さん、なんて良い爺さんなんだ・・・・・・。
孫が死んで動揺する妻を支え、なおかつボランティアにも従事するその姿勢。自分だって、本当はすごく辛いでしょうに。

「人の優しさ」、そんなものが感じ取れる、良い話だったと思います。
  1. 2009/08/07(金) 04:12:19|
  2. 東京マグニチュード8.0
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:1
<<『化物語』 スペシャル/要は総集編 | ホーム | 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第5話 「生活デザイン部長小屋」>>

コメント

Re

なんか面白そうだな…
  1. 2009/08/07(金) 08:43:41 |
  2. URL |
  3. ノェル #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boricacid.blog79.fc2.com/tb.php/193-ddb0a4a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 東京マグニチュード8.0 第5話 「慟哭の、学び舎」

東京マグニチュード8.0 (初回限定生産版) 第1巻 [BD] [Blu-ray]クチコミを見る未来の通っていた中学校に立ち寄ると、そこは帰宅困難者であふれかえっていた。冷たくなった遺体も多数運び込まれ、見慣れた学校の変貌ぶりに心を痛める。未来はそこで、ボランティアとして?..
  1. 2009/08/10(月) 18:27:09 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

東京マグニチュード8.0 第5話「慟哭の、学び舎」

古市さんなんていい人・°・(ノД`)・°・自分はこういう行動取れるかなあ…古市老人役、青野さんの演技にしびれました。未だにシャレにならない余震が続く作品世界。未来たちは彼女が通う学校にたどり着く。そこで出会ったボランティアにいそしむご老人、...
  1. 2009/08/09(日) 16:20:34 |
  2. のらりんクロッキー

東京マグニチュード8.0 第5話「慟哭の、学び舎」

「生と死」
  1. 2009/08/07(金) 18:41:26 |
  2. マリアの憂鬱
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。