不定形爆発 Ver.2.0

アニメとか漫画とか、まあ色々。与太話ブログ。プラモの話と写真はTwitterに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『鉄のラインバレル』 第57話 「百花繚乱」/父の真意は、どこにあるのか

付録の銀河万丈朗読の『シグルイ』CD、まだ聴いてません。どうも、ホウ酸です。

チャンピオン RED (レッド) 2009年 10月号 [雑誌]チャンピオン RED (レッド) 2009年 10月号 [雑誌]
(2009/08/19)
不明

商品詳細を見る


それにしても、クェイサーのアニメ企画は、いつまで経っても本誌で発表がありませんが、いったいいつ、どの局でやるアニメなんでしょうか。ちっともわからないよっ。

本題は追記からです。

・久々のあの機体

前回のごくまれで超貴重な宗美さんの活躍によって、動きを止められたラインバレル。
しかし、ラインバレルの有する、他のマキナに類するに及ばない圧倒的な回復能力のため、ラインバレルは再び立ち上がります。
そして、オーバーライド。
どこに行った!?と辺りを見回す宗美さんと山下。
転送したラインバレルが現れたのは、傷ついたディスィーブの目の前。どうあっても一体だけでも破壊する、という目論見のようです。
貫手がディスィーブのコクピットに迫る ― と、その時。

ラインバレルの右腕が、どこからか放たれた「何か」によってちぎれ飛びます。
その時、海中から現れ出でたのは―
IMG_0995_convert_20090820073734.jpg

IMG_0996_convert_20090820073826.jpg

そう、迅雷です。
しかも道明寺が搭乗していることから、どうやら有人に改造されているようです。

この状況をシャングリラから目撃し、驚愕する真田とユリアンヌ。
いつの間にこれだけの数を配備したんだ、と問う真田に、加藤が、これは最初からあのキリヤマの造船所で造っていたのだろうと推測。
「バカな・・・・・・JUDAは敵陣のど真ん中で新型を量産していたってコトか!?」
と、ペインキラー戦の落ち着きはどこに行ったんだといわんばかりの狼狽っぷりの真田。
それと時を同じくして、加藤機関の本陣である軍艦島が制圧されたという通信が入ります。
IMG_0997_convert_20090820075227.jpg
燃え盛る島に立つペインキラー。

加藤は静かに告げます。
「現時刻を持って、加藤機関は長崎を捨てる」


・天児の執念

ラインバレルを取り囲んだ迅雷の一斉射で、左肩のユニットを破壊されるラインバレル。
ボロボロになり、コクピット内には「ALERT」の文字が並びます。
それでもなお、立ち上がろうとするラインバレル ― 城崎天児。「マキナを殺す」、ただその妄執のためだけに。

と、その時、聞きなれた声が夜空に響きます。
「もうやめて!!」
声の主は、戻ってきたヴァーダントの中から現れた、城崎でした。
「やめてお父さん、今はあの時と状況が違うの!!」と、説得を続ける城崎。
森次も、「コレ以上戦いを続けるなら我々はラインバレルを完全に破壊せねばならない。そうなれば必然的にファクターであるお嬢さんも死ぬことになる。いや、ラインバレルを失えばこの世界も死ぬことになる。 ―違いますか?」と畳み掛けます。

娘に伸ばす手を下ろし、ついに諦めたかに見えたラインバレル。
ラインバレルが次にとった驚愕の行動。
それは、浩一を人質にすることでした。
血の滴る左手を自らのコクピットに向けるラインバレル―天児。
「ウソだろ・・・俺を人質にして・・・・・・城崎まで脅すつもりなのか・・・?」
実の娘を。まだこんなコトを続けるために?
「・・・ふざけるなよ・・・」
「ふざけるなよォオオ」
怒りに任せて自力でコクピットを破壊し、外に出る浩一。
ラインバレルに面と向かった浩一は、渾身の一撃を繰り出します。
IMG_0998_convert_20090820212622.jpg
モノアイにひびが入り、ラインバレルは元の姿に戻ります。
道明寺の呼びかけに応え、彼の操る迅雷に飛び移る浩一。

沈黙したラインバレルに近づくヴァーダント。
振りかざした刃が、墨を流したような空に映える。
「城崎さん、目を閉じていて下さい」
そして。
IMG_0999_convert_20090820212706.jpg
それはまるで、罪を犯した者への断罪のように。

それを見ていた浩一は言います。
「俺はもう二度とラインバレルには乗らない・・・」
IMG_1000_convert_20090820212746.jpg
「あんな化け物、乗ってたまるか!!!」


それを見て、不敵に笑う社長。
全ては、望むべく未来のために・・・・・・。

というわけで、長崎編は終わり。
最後のラインバレルの首をヴァーダントが掲げるシーンで、「鬼の首を取ったよう」とかいう慣用句を思い出しました。全然関係ないけどね。

さてさて、今回疑問が残るのは、城崎のセリフ。
「あの時とは状況が違う」とは、どういうことなのでしょうか?記憶が戻りつつあるので、未来を思い出しても無理はありませんが・・・・・・。
なるべく早く本編で明かされることを望みます。

社長の目的もいまだに謎です。
もしかして、今後2人をラインバレルに乗せなくさせることが、今回の狙いなんじゃ・・・?と思ったのですが、どうでしょうか?

九条さんは現場に現れませんでしたね・・・。予想大ハズレですね。恥ずかしい。


―次回 第58話「序幕」
  1. 2009/08/20(木) 21:47:10|
  2. 鉄のラインバレル(漫画)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<使徒の、「怪獣」からの脱却 ― 高遠るい先生のコメントから考えてみる | ホーム | 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第7話 「騙し絵(トロンプ・ルイユ)」/あ、あれ・・・?>>

コメント

Re

原作でやっと道明寺が迅雷乗ることになりましたか。ラインバレルの恐るべき因子アニメでも登場してほしかったです。
後来月PSPの鉄のラインバレル発売されますね。原作者書き下ろしのオリジナルマキナアダマントが気になります。
  1. 2009/08/21(金) 16:30:47 |
  2. URL |
  3. ダイヤ #PR6.u/TU
  4. [ 編集 ]

Re

>>ダイヤさん
> 原作でやっと道明寺が迅雷乗ることになりましたか。ラインバレルの恐るべき因子アニメでも登場してほしかったです。
アニメで道明寺が迅雷に乗ってるときに、ものすごく違和感を覚えたのはいい思い出です。
ただ、その経験があるので、道明寺にはあまり乗ってほしくなかったかなぁ~、なんて思ったり。
ラインバレルのフェイスオープン、アニメに登場してほしかったですよね。アニメ向きのギミックだと思うんですけどね。
> 後来月PSPの鉄のラインバレル発売されますね。原作者書き下ろしのオリジナルマキナアダマントが気になります。
書き下ろしのアダマントは気になりますが、残念!自分はPSP持ってないんです。むしろ今は、新型PS3が気になっております。
とはいえそちらも気になりますので、もしゲームをプレイする機会があれば、そのときには教えていただけると泣いて喜びます。
  1. 2009/08/21(金) 22:31:15 |
  2. URL |
  3. ホウ酸 #-
  4. [ 編集 ]

Re

毎回楽しく読ませていただいていますが今回お初にコメントさせていただきます。
宋美さんの「極稀な」活躍ってww
一応桐山戦のナーブクラック落としとかで所々活躍してますから!!(影薄いけど)
それにしても社長が見事にアヤシ過ぎる……何を企んでいるのか全く見等が付きません
  1. 2009/08/22(土) 01:03:49 |
  2. URL |
  3. 200ペソ #8R2Sw9d2
  4. [ 編集 ]

Re

>>200ペソさん

> 宋美さんの「極稀な」活躍ってww
> 一応桐山戦のナーブクラック落としとかで所々活躍してますから!!(影薄いけど)
その活躍がまさに「所々」なものですから、逆にそこの印象しか残らなくて、「極稀な」に変化してしまうのです。 うん、かわいそうだ。
> それにしても社長が見事にアヤシ過ぎる……何を企んでいるのか全く見等が付きません
社長の目的は「人類を救う」ことにあるのですが、確かに、何を企んでいるのか見当がつきませんね。
そろそろ加藤が、浩一を機関にスカウトしに来る展開にならないかな~なんて思ってます。マサキも「正義の意味を知りたければ加藤機関に来い」って言ってましたしね。
そこで矢島登場!なんてなれば、アツいと感じるのですが、どうでしょう?
そして私は、なぜコメント返信で妄想を書いているのでしょうか。反省。
  1. 2009/08/22(土) 06:59:39 |
  2. URL |
  3. ホウ酸 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boricacid.blog79.fc2.com/tb.php/201-2274278b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。