不定形爆発 Ver.2.0

アニメとか漫画とか、まあ色々。与太話ブログ。プラモの話と写真はTwitterに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原作とアニメの良好な関係~漫画篇~

最近の悩みである「原作とアニメを割り切って観るには、どうすればよいのか?」ということに関する思索。しかし、良好な関係なんて銘打ってはみたものの、話はそこまで発展させません。
この記事の主題は、「どうして自分は原作とアニメを割り切って見られないのか?」という、最初に挙げた悩みの前提についてです。それを自分の中だけで考えたので、ひどく自己完結的な(独りよがりな)文章になります。

この記事では、他人にとっては「当たり前だろ」と思うようなこと(自分なりには一生懸命考えたこと)を書いていくことになると思います。

また、この記事を書くきっかけとして、アニメとブログを考える掲示板 [其の弐](勝手に引用スミマセン)の存在が大きかったことも挙げておきます。


本題は追記に。

はじめに。
自分は、原作付アニメは、原作読者にも楽しめるものであるべきだと思っている。
そして、原作厨な部分も多分にあるとは思うが、基本的には、漫画がアニメになるなら、「アニメそれ単体として楽しむことができれば」というスタンスでいるつもりだ。


そう思っているはずなのに、素直に楽しめていない自分がいる。
最近のアニメで言えば、『鉄のラインバレル』や『GA 芸術科アートデザインクラス』が挙げられる。似たようなことを言っていた友人など、「面白くない」と『GA』視聴を切ってしまったくらいだ。
原因を考えるに、答えはすぐに思い浮かぶ。
「先入観」だ。
これは、どう考えても原作既読者に固有のものであって、未読者には存在し得ないものだから、主な原因はこれひとつに絞ってしまってよいだろう。

したがって、この記事では、「先入観」について、それがどのようなものなのか、どうして発生するのかを考えていきたいと思う。


さて、「先入観」と辞書を引くと、【初めに知ったことによって作り上げられた固定的な観念や見解】とある。
この場合で例を挙げるならば、この漫画はこんなにも面白かったのだからアニメも面白くなるだろうとか、このキャラクタはこんなに可愛いのだからきっとあんな声優が付くだろうとか、そういった類のものになる。
自分は、漫画にしろアニメにしろ、ストーリーの方に重きを置いて鑑賞しているので、ここでは話運びについて話したい。

以前から、別な記事で自分は、漫画は「静止画」、アニメは「動画」ということを述べてきた。
漫画は静止画の集合だと自分は考えている。漫画は、ご存知のとおりコマによって構成されている。コマそれ自体は静止しており、それを目で追っていく際には、脳内でコマとコマの間に存在するはずの「時間」を紡いでいくことになる。つまり、コマとコマの間には、どのようなスパンであれ―コンマ何秒から年単位まで―、確実に「間」が存在することになる。
一方、アニメは動画であり、その「間」を、受け手の感覚に任せずに、実際に紡いで見せるものだと考える。さすがに年単位の間では、漫画と同じ手法にならざるを得ないが(字幕やナレーションなどがそうだろう)、秒単位のコマの「間」であれば、実際に可能だろう。
これが、その要旨である。

ストーリーが存在する漫画というものは、おおむね読者の想像したとおりにアニメになっても時間が流れ、違和感を感じさせない。初めから設定やストーリーを改変しない限りにおいて、だが。

問題は、4コマ漫画や、ギャグ漫画だ。
これら大体においてストーリーが存在しない漫画というのは、コマとコマの「間」の自由度が高く、コンマから年まで、スパンの幅が顕著であるといえる。
しかし、読者がこのようなコマの「間」を、一律に感じ取っているとは考えにくい。確かに、秒単位と年単位を読み違える人間はいないと思うが、同じ秒単位でも、人によっては4秒と感じるかもしれないし、5秒と感じるかもしれない。だが、各人が感じている「間」は、通常意識に立ち現れないものであろうし、その漫画について人と話しているときにも、そんなことを話す人はいないだろう。
ここに、「時間」についての先入観が成立する。ここは、こういう間を空けて次のセリフが出るんだ、というような、自分自身の脳内で形成される類のものになる。いわゆる思い込みだ。
だから、自分が考えていた「間」と違うと、どうしても違和感が生じてくる。素直に画面を見られない。

また、「時間」という括りで見るなら、そこには当然セリフが必要とする時間、要は喋っている、音声が流れるのに必要となる時間の問題も発生すると思うが、その点については目下思考中であるので、現時点では触れない。

この「時間」の先入観はミクロ的視点のものであるが、もちろんマクロ的視点として、大筋の話運びについて、また、キャラクタについて先入観はある。
「原作改悪」と呼ばれる作品は、このマクロな先入観が原因となっているのではないかと思う。オリジナルのキャラクタが登場したり、最終的なボスキャラクタが変わっていたり、原作にあるエピソードを削ったり、なかったエピソードを挿入したり。
これらが失敗したのならば、それは原作既読者の「先入観」を超えられなかったということなのだ。


以上挙げた「先入観」が、自分が原作を知っているアニメを素直に楽しめない原因であると思う。
ここで述べたことが、誰にでも当てはまる、普遍的な公式になり得るとは微塵も思わない。が、これが現状の自分の中で出せる答えの限界である。

自分は、原作を読んでいるからといって、アニメを避けたり、はなからバカにしてかかろうとするのは良しとしない。今後は、「ではどうすれば楽しめるようになるのか?」ということを考えていきたいと思う。
  1. 2009/10/15(木) 07:23:04|
  2. まじめに考えた邪推
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<『にゃんこい!』 ニャンコ03匹目! 「キミの名は」/やたら凄いな、話の密度。 | ホーム | 『ささめきこと』 第2話 「かわいいひとたち」/この世には「身長差萌え」がある。>>

コメント

ども。はぢめまして。

アニメとブログを考える掲示板[其の弐] 及び 「物理的領域の因果的閉包性」
の管理者やってます大日本技研と申します。
勝手に引用。いえいえ。とっても嬉しいことでございます。ありがとうございます。
原作とアニメについて。
興味深いですね、色々考えてみたいです。
やはり私も、自分の描いた想像との相異からくるギャップだと思います。
それが「間」にあるとお考えは面白いですね。
これからも楽しみにして読まさせていただきます。
うちの掲示板はカキコミ、スレ立て自由ですので何でも構いません。
聞きたい事、疑問に思ったこと。ありましたらお気軽にどうぞ。
  1. 2009/10/20(火) 11:13:07 |
  2. URL |
  3. 大日本技研 #-
  4. [ 編集 ]

Re

>>大日本技研さん
コメントありがとうございます。
> 原作とアニメについて。
> 興味深いですね、色々考えてみたいです。
> やはり私も、自分の描いた想像との相異からくるギャップだと思います。
> それが「間」にあるとお考えは面白いですね。
> これからも楽しみにして読まさせていただきます。
「間」という考え以外にも、「先入観」、ギャップの表れはあるとは思うのですが、自分ではどうも思いつきません。他の方の意見も聞いてみたいところです。
しかし、この記事を「漫画篇」と銘打ってしまったけれど、「ゲーム篇」とか「小説篇」とかが書けるのか・・・・・・。小説なんて、自分は『戦闘妖精・雪風』くらいしか読んだことありません。墓穴掘ったのか、自分?
> うちの掲示板はカキコミ、スレ立て自由ですので何でも構いません。
> 聞きたい事、疑問に思ったこと。ありましたらお気軽にどうぞ。
とんでもなく考え方がしっかりした方々の中に、自分のような齢もろくに重ねていない弱輩が混じっても良いものかどうか。
ブログの更新時間帯についてのスレになら、書き込めそうかな・・・・・・なんて。
とても示唆に富む内容の掲示板ですので、これからも拝見させていただく所存です。
  1. 2009/10/20(火) 19:59:12 |
  2. URL |
  3. ホウ酸 #-
  4. [ 編集 ]

では。思い切ってスレ立てます!

>とんでもなく考え方がしっかりした方々の中に、自分のような齢もろくに重ねていない弱輩が混じっても良いものかどうか。
そんなのは気にしなくていいですよ。むしろ問題定義することに意義があって、
その結果は誰も求めていませんから。
アニメ及び漫画の感想を記事にした時点でみんな横一線ですから
アクセスが多いとか、知名度、知識の度合いは関係ありません。
私なんかアニメについて未だに何もわかってませんからw
とりあえず、スレ立てておきますので(そのほうが入りやすいかと・・・)
自己紹介がてら、チョロっとカキコしてみませんか?
もちろん強制はしません。私の独断ですから。お待ちしております♪
  1. 2009/10/20(火) 20:46:10 |
  2. URL |
  3. 大日本技研 #-
  4. [ 編集 ]

Re

>>大日本技研さん
なんだか色々とお膳立てしていただいたようで、恐縮です・・・。
早速、短文ではありますが、書き込ませていただきました。ありがとうございます。
  1. 2009/10/20(火) 22:35:26 |
  2. URL |
  3. ホウ酸 #-
  4. [ 編集 ]

ののの!!

さっそく相互リンクありがとうございます。
ホウ酸さんにメリットはないでしょうが、これからもよろしくお願い致します。
  1. 2009/10/23(金) 10:12:34 |
  2. URL |
  3. 大日本技研 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boricacid.blog79.fc2.com/tb.php/238-b916a4e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。