不定形爆発 Ver.2.0

アニメとか漫画とか、まあ色々。与太話ブログ。プラモの話と写真はTwitterに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『鉄のラインバレル』 第59話 「リ・ユナイト」/決別と再会

チャンピオン RED (レッド) 2009年 12月号 [雑誌]チャンピオン RED (レッド) 2009年 12月号 [雑誌]
(2009/10/19)
不明

商品詳細を見る


えー、前座として、今回の付録についてくる「プレミアムDVD」の話をば。

このDVD、収録内容は以下の通り。
①『装甲悪鬼村正』PV
②『あきそら』予約限定版 先行PV
③『聖痕のクェイサー』無修正PV
タイトルからして大分間違っている印象がしますが、とりあえず気にしないで視聴することに。

・・・・・・映像本編の方も、大分間違ってました。倫理的にとか、一般誌の付録的にとか。
むしろ、最初から18禁を謳っている『村正』の方が一切のエロ要素無しで、なおかつ燃える出来になっているのは、どういうことなのかと。

このままいけば、どう考えても地上波はアウトな感じになりそうな『クェイサー』。いったいどうなるのやら・・・・・・。(あ、OPは飛蘭さんに決まりました)


さて、本題は続きから。ついに、あの人物が浩一の前に姿を現し・・・・・・!?

・長崎、軍艦島

かつての加藤機関の根拠地であった軍艦島を訪れる森次。どうやら調査目的のようです。
入り口として案内された先にあったのは、ボロボロになった映画館でした。ここに何が隠されているのか・・・・・・。


・再会、そして決別

浩一と道明寺がJUDAへの道程をひた走る一方、地下のプラントでは、九条がペインキラーで出撃したいと申し出ていました。
しかし、牧さんは、とても今は出せる状態じゃないと言い、逆に軍艦島でどんな戦い方をしたんだ、と尋ねます。押し黙る九条。
それを尻目にハインドで出る、と言う山下。ハインドも腕が、と止めようとする牧さんに対し、「だから暴れる砲台になって来るっスよ!!」とやる気十分。山下クン、噛ませ犬のニオイがプンプンするんだけど・・・・・・。

その頃、何年ぶりなのかは想像もできませんが、社長と加藤が社長室で対面を果たしていました。
そこで加藤は単刀直入に、前回出た疑問、長崎での一件は誰がリークしたのか、を社長に訊きます。
言葉的には合っているが、質問が間違っている、と答える社長。
「『誰がリークした』その質問に対しての答はこうだ― リークしたのは『俺』だよ」
どういうコトだ?と訊き返す加藤に、社長は続けます。
「お前たちの計画をリークされたのではなく、こちらの計画をリークさせたのさ
驚愕の表情を見せる加藤。

一人ベッドに腰掛ける沢渡。どうやら参ノ型を撃墜された時に、JUDAに捕えられていたようです。
そこへ現れたユリアンヌ。
誰も助けろとは頼んでいない、とぶっきらぼうな沢渡に、ユリアンヌはそっちにその気がなくても、こっちの都合がある、と言います。
「・・・・・・なんだよ、都合って」
「アンタにはまだ重要な役目が残っている。 だから、まだ舞台から降ろすワケにはいかないのよ」

浩一と道明寺は迅雷に乗り込んで、地上に出撃します。
聞こえるか、悪党ども!と、いつもの調子で声を張り上げる浩一。その声を聞いて反応するマサキ。実に面白いモノだと鼻で笑い、「力を失い紛い物のパイロットに成り下がったか」と、相も変わらず厳しく当たります。

さっきの答を聞いて、「だが結局の所、それもこちらの計画を知っていたからではないのか?」と加藤は言います。「ジュダが教えたか」とも。
それに沈黙で答えた社長は、そろそろ本題に入れ、と言います。他に目的があるんだろ、と。
その本題とは。

IMG_1120_convert_20091019212736.jpg
「―石神、加藤機関に戻って来い」

「それで機関の連中に脅す様なマネまでさせてるってワケだ」と言う社長に、「これは脅しではない― 切実な願いさ」と加藤は返します。

「ラブコールは嬉しいが、それは無理な話だ」と、それを断る社長。
目的は同じだと思っていたが、と言う加藤に、社長は話します。
「いいか。お前は観て来た人間だが、俺は観えている人間だ―つまり、目的が同じでも視点が違う」
どういうコトだ、と訝しむ加藤に、社長は続けます。
IMG_1121_convert_20091019212909.jpg
「人類を救う為、お前はマキナを滅ぼすコトを選んだ。だが―俺は人類を救う為にマキナを生み出すコトを選んだのさ
まさか、と窓に目を向ける加藤。
その先にあるもの。それは―迅雷。マキナとアルマのハイブリッドマシン。パイロットの体に思考制御システムを組み込む、次世代の戦闘機械。人を殺すのに人を必要とする有人機へと変貌を遂げた無人機。

思い切り手を机に叩きつける加藤。机にヒビが入ります。
「お前は、自分のやっているコトが解っているのか?」
「ああ、よ~く解ってるさ」
「石神・・・・・・お前は絶対にしてはならないコト― 踏み入れてはならない領域に踏み込んでいるんだぞ!!」
「だからラインバレルごと城崎天児を封印したのさ」

加藤は、ゆっくりと社長に背を向け、マサキに静かに告げます。
「聞こえるかマサキ・・・・・・これより帰還する」

歩き出した加藤に、無駄な犠牲を出さずに会談を終えられた、と言う社長。
すると、何も無いと思われていた屋上に、マキナが徐々に姿を現します。
IMG_1128_convert_20091019212936.jpg
亡霊、アパレシオン。
スナイパーライフルは、確実に加藤機関の機体を捉えていました。

社長は、加藤に最後の言葉を投げかけます。
「想像しろ― 本当に人類を救いたければな」
「マキナに操られているお前が、想像を語るな」


・決別、そして再会

撤退していく加藤機関。
しかし、浩一の気持ちは収まりませんでした。
「なんでだよ!!なんであのマキナがJUDAに居るんだよ!!アイツは・・・アイツは矢島を殺したんだ!!そのマキナがなんで―」

その時、アパレシオンのコクピットが勢いよく開かれます。
どこのどいつが― そういう目をして身構える浩一。

そこに現れたのは、かつての友。
片腕だけを残して、この世を去った友。
別れを告げることさえ、叶わなかった友。
心の中でしか、別れられなかった友。
IMG_1129_convert_20091019213010.jpg

矢島英明の姿が、そこにはありました。

「久しぶりだな、浩一」




―次回 第60話 「少年クラック」


思ったよりもアツかったですね、今回。社長の計画の一端が見え始めたりもしましたが、何よりも矢島とアパレシオンの登場が、ね。
アニメよりも、ちゃんとした登場の仕方が与えられていて、本当に良かったです。どれほどの方が覚えていてくださったかは定かではありませんが、チャンピオンREDを投げ捨てずにすみました。
それにしても、アパレシオンはかっこいいですね。個人的には、好きなマキナの1位2位を争います。(対抗馬はヴァーダント)

社長の目的は、人類を救うこと。その為にマキナを生み出すようです。
全てのマキナにファクターを生み出すことと、迅雷をマキナへと押し上げることに、どんな関連性があるんでしょう。
それに、今のところ迅雷とアルマに大した違いが見られない気が・・・・・・。アルマも、神経接続のようなものがなされていますしね。これからさらに発展していくってことなんでしょうか。
しかし、加藤を利用してラインバレルを覚醒させ、それを封印することで、障害となる「マキナ殺し」を無効化するとは・・・・・・恐ろしい策略ですなァ。

次回から新章スタート。浩一は、矢島にどう相対するのか。楽しみです。
  1. 2009/10/19(月) 23:09:31|
  2. 鉄のラインバレル(漫画)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<『君に届け』 ep.3 「放課後」/風早くんが正ヒロイン。異論は認めない。 | ホーム | 『とある科学の超電磁砲』 #3 「ねらわれた常盤台」/太眉だっていいじゃない。>>

コメント

Re

原作でも矢島とアパレシオンが遂に合流ですか。アパレシオンこちらはプラモを上手に組上げたいと思っています。
それとPSP版鉄のラインバレル手に入れました。
プレイした感想アニメ版シナリオをベースに原作に近くになっています。例えば原作のみだったセリフがフルボイスなっています。
結構クォリティが高く近所のお店で作品人気か売切れてました。
  1. 2009/10/20(火) 01:07:05 |
  2. URL |
  3. ダイヤ #PR6.u/TU
  4. [ 編集 ]

Re

>>ダイヤさん
> 原作でも矢島とアパレシオンが遂に合流ですか。アパレシオンこちらはプラモを上手に組上げたいと思っています。
プラモデル、かっこいいですものね。自分も作れればなぁ、とは思うのですが、いかんせん不器用なので無理です。
> それとPSP版鉄のラインバレル手に入れました。
> プレイした感想アニメ版シナリオをベースに原作に近くになっています。例えば原作のみだったセリフがフルボイスなっています。
> 結構クォリティが高く近所のお店で作品人気か売切れてました。
売り切れるほどとは・・・・・・。いやいや、きっと入荷数が少なかったに違いない(オイ)
しかしクオリティが高いとなれば、ちょっと見てみたいですな。
  1. 2009/10/20(火) 07:11:24 |
  2. URL |
  3. ホウ酸 #-
  4. [ 編集 ]

合流やっとですね。
ギリギリ14巻ライン・・これで表紙矢島だったらひどいネタバレにwwww
  1. 2009/10/20(火) 16:33:45 |
  2. URL |
  3. Eight #-
  4. [ 編集 ]

Re

>>Eightさん
> 合流やっとですね。
> ギリギリ14巻ライン・・これで表紙矢島だったらひどいネタバレにwwww
しかしこのブログの読者には関係ないのだった(ドーン)
ま、表紙は矢島&アパでほぼ確定ですからね・・・・・・。
  1. 2009/10/20(火) 19:40:13 |
  2. URL |
  3. ホウ酸 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boricacid.blog79.fc2.com/tb.php/244-f3937059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。