不定形爆発 Ver.2.0

アニメとか漫画とか、まあ色々。与太話ブログ。プラモの話と写真はTwitterに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『とある科学の超電磁砲』 #12 「AIMバースト」

命の行方は。


only my railgun <初回限定盤>TVアニメ「とある科学の超電磁砲」OPテーマonly my railgun <初回限定盤>TVアニメ「とある科学の超電磁砲」OPテーマ
(2009/11/04)
fripSide

商品詳細を見る



いやぁ、いい最終回でしたね。え、違う?

ということで、第12話の話。


今まで散々「美琴はマジョリティに何をもたらせるのか?」と書いてきましたので、幻想御手編も終わったことですし、そこに注目して書いていきましょう。

それを考える上で参考になるのはやはり
「こんなところでクヨクヨしてないで・・・迷ってないで・・・もう一度!」
という美琴のセリフでしょう。かなりうろ覚えですが。
このセリフとともに美琴はレールガンを放って「幻想猛獣(AIMバースト)」を打ち倒し、人々の心を開放へ向かわせるのです。


その前までのシーンを見ていると、やはりマジョリティたちは力が無いこと、伸びないことといった劣等感に苛まされているようでした。
マジョリティは、佐天や爆弾魔や強盗犯の声を借りて、美琴に訴えかけてきます。
いやむしろ、力ある者を責め立て糾弾していたと言ってもいいでしょう。

そんな彼らに向かって、美琴は攻撃をしのぎつつ、「ごめん」と謝ります。
このときの彼女の気持ちは、事件後に黒子が言っていたように「今回の事件は、あの人たちの気持ちに気づいてあげられなかった自分たち能力者が悪いんじゃないか」というものだったでしょう。

ただここで注目したいのは、彼女が幻想御手を使った人たちと絶対的に違うのは、自分の非・落ち度・嫌なところといったネガティブな部分を口にして、それを暴露しているという点です。もちろん、「ごめん」しか口にしていないので、そこは言外の意味を汲み取るなり何なりしないといけないのですが。

自分の嫌なところを認めるのは、彼らもやったことでしょう。
しかし、彼らはその「存在」を認めただけであって、直視することはしなかったのではないでしょうか?
仕方ないとか言って、諦めるしかないのか、でも夢は捨てられないとか立派なことを言ってはいますが、それはただの言い訳に過ぎないのではないか、そう思うのです。
しかも、その言い訳を心の内に溜め込んでいる。

その点、美琴は彼らの気持ちを受け、ごめんと謝っています。
普通、そんなことを言われたら「それはおめーらの努力が足りねーんだよっ」位の気持ちにはなりそうなものですが、美琴は素直に受け止め、それに応えます。
それができたのは美琴の来歴、レベル1から努力に努力を重ねてレベル5に到達したという、その過去があればのものでしょう。
来歴も含めて、素直に人の気持ちに応えられた美琴は、努力を途中で放置し、期待が重いとか諦めるとかと言ってふて腐れてしまったマジョリティとは、絶対的に違うのです。

ここで、美琴はマジョリティの最高の目標足り得ることがわかります。
そうでしょう?美琴は、彼らと同じ場所からスタートして、あの位置にいるのですから。


気持ちを受け止められ、その上でかけられた「もう一度」の言葉は、どれだけを彼らの心に投げかけたか分かりません。

この一件から、マイノリティはマジョリティの良き指標であるべきという図式が見えてきます。
指標は人に絶望感を与えるものでもありますが、美琴には希望を与えるものであってほしい。そう感じます。


美琴の放ったレールガンの一撃は、彼らの内に新たな命を宿しました。
それを生むのも、殺すのも、全ては彼ら次第。
今後が楽しみです。

あ、佐天と初春に触れられなんだ・・・。
AIMバーストのうねうねした触手見てたら、ビオランテ思い出した。
  1. 2009/12/19(土) 07:44:17|
  2. とある科学の超電磁砲
  3. | トラックバック:11
  4. | コメント:0
<<『鉄のラインバレル』第14巻の話。 | ホーム | 『にゃんこい!』 ニャンコ12匹目! 「天国は待ってくれる?」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boricacid.blog79.fc2.com/tb.php/286-a95c22ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とある科学の超電磁砲 第12話 「AIMバースト」

友情と能力の認知反射神経が刺激に対しての意識を認識する前に動いているように思いや気持ちは伝わったと伝えた本人が認識する前に届いている。重要なのは、 『伝える速度』 ではなく ...
  1. 2009/12/20(日) 08:14:07 |
  2. 物理的領域の因果的閉包性

とある科学の超電磁砲 第12話「AIMバースト」

「みっともなく泣き叫んでないで、真っ直ぐ私に向かって来なさい!」美琴達と木山が協力して、AIMバーストを倒す話。今回は幻想御手編の...
  1. 2009/12/19(土) 23:20:31 |
  2. 日記・・・かも

とある科学の超電磁砲 第12話 「AIMバースト」

 能力と思念  話は2クール一続きかと思っていましたが、 レベルアッパーに関する話はそろそろ佳境に入ってきたようです。 そ...
  1. 2009/12/19(土) 22:47:44 |
  2. アニメを考えるブログ

とある科学の超電磁砲 #12「AIMバースト」 感想。

とてもいい最終回でした。次は禁書目録二期ですね。え?まだ続くの?
  1. 2009/12/19(土) 13:38:11 |
  2. もす!

とある科学の超電磁砲 第12話「AIMバースト」

胎児メタモルフォーゼ!天使の輪っかついてるw慣れると可愛いようなそうでもないような・・・(;´Д`)て、大きくなっちゃった!!触...
  1. 2009/12/19(土) 11:53:26 |
  2. 空色きゃんでぃ

とある科学の超電磁砲 第12話「AIMバースト」

いつのまにか怪獣モノになってしまって前回はびっくりしたのだけど、終わってみれば、これで良かった。
  1. 2009/12/19(土) 11:52:17 |
  2. 妄想詩人の手記

とある科学の超電磁砲 第12話「AIMバースト」

レベルアッパー事件、最終章
  1. 2009/12/19(土) 11:15:37 |
  2. *記憶のかけら

[アニメ]とある科学の超電磁砲:第12話「AIMバースト」

弱者は強者には勝てなくて、でも、少しだけ、希望は見えて。
  1. 2009/12/19(土) 08:40:13 |
  2. 所詮、すべては戯言なんだよ

とある科学の超電磁砲 #12

Amazon.co.jp ウィジェット とりあえず、1山(クール)越えたね! いやーー、最後の思念体のようなもの、意外に ヨワカたね。(^^; でも、ストーリー的にはほんとによかった。 レベルアッパーを使った人たちの気持ちとかもよく現われてたし、 みさかの気持も..
  1. 2009/12/19(土) 08:21:34 |
  2. アニメやマンガの鑑賞日記

とある科学の超電磁砲第12話「AIMバースト」【感想】

バトル回。美琴の「怪獣映画みたい」というセリフにあったようにバトルはまさに怪獣映画のようであった。バトルの各場面では奥行きのあ...
  1. 2009/12/19(土) 08:18:35 |
  2. 失われた何か

とある科学の超電磁砲 第12話 「AIMバースト」 感想

突然、苦しみ出し、倒れる木山。同時に病院では「幻想御手(レベルアッパー)」を使用した患者たちが意識のないまま暴れ出していた。...
  1. 2009/12/19(土) 07:56:25 |
  2. ひえんきゃく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。