不定形爆発 Ver.2.0

アニメとか漫画とか、まあ色々。与太話ブログ。プラモの話と写真はTwitterに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近、ちょっと許せないこと

といっても、シリアスな話じゃありません。


「ずつ」って助詞があるじゃないですか。「少しずつ」とかの「ずつ」です。
しかし、最近妙にこれを「づつ」って書いてあるのを見かけるんですよね。
「づつ」って何だよ、「づつ」って。筒か?
まあ、ネット上の個人的な文章で見かけるならまだしも(それでもどうかと思いますが)、あまつさえテレビやカラオケのテロップでも登場するようになったのはどういうことか。自分は小学校の頃、「ずつ」だと教わったように思うのだけれど・・・・・・。

ちょっと調べてみると、昭和61年の『「現代仮名遣い」に関する内閣告示及び内閣訓令について』において、

なお、次のような語については、現代語の意識では一般に二語に分解しにくいもの等として、それぞれ「じ」「ず」を用いて書くことを本則とし、「せかいぢゅう」「いなづま」のように「ぢ」「づ」を用いて書くこともできるものとする。

例 せかいじゅう(世界中)

いなずま(稲妻) かたず(固唾*) きずな(絆*) さかずき(杯) ときわず ほおずき みみずく

うなずく おとずれる(訪) かしずく つまずく ぬかずく

ひざまずく あせみずく くんずほぐれつ さしずめ でずっぱり なかんずく うでずく くろずくめ ひとりずつ

ゆうずう(融通)


となっているのですが、普通、「ずつ」と書くと思いますよ?教科書とかで「づつ」って見たことありますか?

そもそも、先に挙げた告示では、

5 次のような語は、「ぢ」「づ」を用いて書く。

(1) 同音の連呼によって生じた「ぢ」「づ」

例 ちぢみ(縮) ちぢむ ちぢれる ちぢこまる

つづみ(鼓) つづら つづく(続) つづめる(約△) つづる(綴*)

〔注意〕 「いちじく」「いちじるしい」は、この例にあたらない。

(2) 二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」

例 はなぢ(鼻血) そえぢ(添乳) もらいぢち そこぢから(底力)

ひぢりめん いれぢえ(入知恵) ちゃのみぢゃわん

まぢか(間近) こぢんまり

ちかぢか(近々) ちりぢり

みかづき(三日月) たけづつ(竹筒) たづな(手綱) ともづな にいづま(新妻) けづめ ひづめ ひげづら

おこづかい(小遣) あいそづかし わしづかみ こころづくし(心尽) てづくり(手作) こづつみ(小包)  ことづて はこづめ(箱詰) はたらきづめ みちづれ(道連)

かたづく こづく(小突) どくづく もとづく うらづける

ゆきづまる ねばりづよい

つねづね(常々) つくづく つれづれ


とありますが、「づつ」はこのどちらにも当てはまりません。2語に分解しにくいも何も、「ひとりずつ」だったら「ひとり」+「ずつ」なのは誰でもわかるような気がするのですが・・・。

確かに、「ずつ」と書こうが「づつ」と書こうが、発音は同じですから、生きていく上では不自由しません。
けれど、書き言葉で「づつ」なんて書こうものなら、一挙に文章としての格が落ちるように思います。そんな風にはしたくない。
せめて、公的・商業的な文章では、「ずつ」と書いてほしいものです。


「やむおえない」って書いている人は、わざとやってるんだよね?
  1. 2011/05/04(水) 09:48:46|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<原作とアニメの良好な関係~漫画篇~ 第3回 | ホーム | 美少女好きも、SF好きも寄ってこい! 『スズログ-Suzuro’s Logfile』第1巻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boricacid.blog79.fc2.com/tb.php/315-e3da43eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。