不定形爆発 Ver.2.0

アニメとか漫画とか、まあ色々。与太話ブログ。プラモの話と写真はTwitterに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

突発モノアイ話・第4回≪ローゼン・ズール≫


機動戦士ガンダムUC (8)  宇宙と惑星と (角川コミックス・エース 189-9)機動戦士ガンダムUC (8) 宇宙と惑星と (角川コミックス・エース 189-9)
(2009/04/25)
福井 晴敏、矢立 肇 他

商品詳細を見る


というわけで、今回の機体は、みんな大好きアンジェロくん駆るローゼン・ズール。今月で文庫版『機動戦士ガンダムUC』も完結だしね。

アニメ組の皆様に配慮して、続きは追記に収納。
ローゼン・ズールは、シナンジュの予備パーツ・サイコフレームを用いてギラ・ズールをベースに開発されたMS。メガ粒子砲3門を備えたシールド、両腕の有線サイコミュ・インコムに加え、特殊装備のサイコ・ジャマーも装備。今までユニコーンにいいようにされてきたアンジェロくんも、こいつで大活躍!……と思いきや、まともな出番が9巻にしかないだとぉぉぉおお!

そんなはずはない!と思いつつ、ローゼン・ズールの出番を振り返ってみると、

8巻:初登場。すでにもぬけの殻とは知らず、無人のガランシェールに「早く出てこいよガンダムゥ!」とキレて当り散らす
  ↓
ガランシェールの自爆に巻き込まれる

8巻:ミネバを人質にとっていい気になる
  ↓
クシャトリヤに腕をチョンパされる

9巻:ユニコーンをサイコ・ジャマーで絡め捕る 「これで終わりだ、バナージ・リンクス!」
  ↓
サイコ・ジャマーを破壊され、バナージくんとニュータイプ空間へGo
  ↓
大佐にも助けてもらえず、ユニコーンに怯え、バナージを拒絶する
  ↓
「最初からこうすればよかったんだ…」
  ↓
自壊、廃人


どうしてこうなった。
ローゼン・ズールがまともに戦闘するのなんか、9巻だけだってのに、この扱いの酷さはなんだ。ダリルのジェスタ・キャノンと味方のギラ・ズール(親衛隊機)くらいしか撃破してないような気もするし。なんてこったい。ニュータイプ専用機で撃墜数が2って…(しかもうち1機は味方)。


それはさておくとしても、ローゼン・ズールのかっこよさはそのゴテゴテ感。脚は妙にすっきりしているのに、上半身が異様なボリューム。ハンマ・ハンマの現代風リファインが、まさかここまでになるとは。

そういえば、この機体ってインコム付いてるんですけど、インコムが伸びるシーンが全く想像できない。
伸びるシーンが全く想像できないと言うと語弊があるけれど、このインコムがどうやって何kmも伸びるのか。正直設定画からはどうにも思い浮かばないんですよねぇ。素材何でできてるのやら。そんな長さのケーブルをどこに収納しているのやら。大宇宙の神秘を感じます。

サイコ・ジャマーですが、これ1対1で使ったら、相当強力な武装ですよね。本編ではユニコーン(&ジェスタ)に打ち破られましたが、他の機体だったらわかりませんよね。フルサイコフレームなんてチート相手じゃなかったら、僕らのアンジェロくんも、きっと大活躍だったに違いないんだ!


そういうわけで、見せ場がほしいのでガンダムEXVS.に参戦希望。
武装は、
射撃:腕部メガ粒子砲
サブ射撃:インコム展開
特射:シールド3連メガ粒子砲
特格:サイコ・ジャマー展開
格闘:爪でグリグリ
がいいです。あくまで希望。あとバンナムは早くメッサーラを出すべき。

あ、次回はメッサーラの話にしよう(今思いついた)。
  1. 2011/05/14(土) 21:51:16|
  2. 突発モノアイ話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ものの見方はウルトラマンとゴジラがつくってくれた | ホーム | 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』第5話「トンネル」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boricacid.blog79.fc2.com/tb.php/321-09697153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。