不定形爆発 Ver.2.0

アニメとか漫画とか、まあ色々。与太話ブログ。プラモの話と写真はTwitterに移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『鉄のラインバレル』第50話「ヘンシン」感想・改訂版

チャンピオン RED (レッド) 2009年 03月号 [雑誌]チャンピオン RED (レッド) 2009年 03月号 [雑誌]
(2009/01/19)
不明

商品詳細を見る

これからも、単行本派に厳しいブログでありたい。(ヲイ

画像追加しました。ネタバレ度もぐんぐん上昇です。

本誌の表紙は至ってほのぼのとしていますが、本編は殺伐としております。

・「ダメだ そんなんじゃ―――」
随伴機が現れたおかげで、一気に打って出る九条さん。虎型の「パルド」と蜂(?)型の「ロック」を従えてアルマを撃破していきます。
浩一はそんな周りが見えなくなっている九条さんを制止し、フォローしようとします。が、ネイキッドがそれを許しません。応戦してきた浩一に「何故 今日はグラン・ネイドル本体で来なかったか分かるか?」とマサキは問いかけます。浩一は「そんなコト知るか!!」といつもの調子。それに対してマサキは「簡単なコトさ―――貴様如き相手に必要ないからだ」と返します。
IMG_0686_convert_20090125085652.jpg
この見得を切るネイキッドがすごいカッコイイです。浩一は「・・・・・・俺 やっぱアンタ嫌いだわ」と、やれやれと言った様子。
一方、真田率いるアルマ部隊は、ペインキラー本体に攻撃を集中させれば問題ないということで、真田一人を残し全機ペインキラーを叩きに行きます。
パルドに一機で相対することになった真田は、素早い動きでパルドの背に乗り、槍を頭に突き刺します。「兵器とは言え所詮 見てくれ通りの畜生に過ぎんな」とさっさとパルドを仕留めてしまいました。ジジイKAKKEEEEE!
ロックも槍を無数に突き立てられて沈み、九条さんはアルマたちに取り囲まれてしまいます。
追い詰められ、鎌を振り回して「私を・・・私を殺さないでください」と抵抗しますが、嘆願むなしく浩一の目の前でメチャクチャになるまで撃たれてしまいます。
しかし、濛々と硝煙の立ちこめるそこにはペインキラーの破片が残っているのみで、本体の姿が見えません。
突如、仕留めたはずのパルドが動き出し、背後から加藤機関に攻撃を加えます。かろうじてこれを避けた真田が「外部装甲で本来の姿を隠していたか!?」と叫びます。外部装甲で無事でしたーって卑怯な上にあとづけ臭がプンプンするよね。

・「これがペインキラーの―――私の本当の姿」
IMG_0687_convert_20090125085815.jpg
姿を現したのは外部装甲の女性的なイメージとは打って変わって攻撃的な印象を受ける、軽量型(っぽい)機体。また、主武装が鞭であることと、随伴機が存在することから、モチーフは猛獣使いのようです。
この私を2度も騙すとは云々と真田が言っている間に、九条さんはロックの頭部から鋭利な側面を持つ鞭を取り出して攻撃を開始。「騙したなんて人聞きが悪いわ これは演出よ」と言いながら鞭でアルマの首を捻じ切ったり、笑いながらアルマの残骸をぶん回す九条さんは心底怖いです。
一気呵成に敵を倒していく九条さんに呆気に取られていた浩一も加勢し、これ以上の被害は無益と判断した加藤機関は撤退していきます。

一方、戦闘を本社で見ていた社長は「芝居じみた戦い方で段階を追ってマキナの能力を見せている――― まるで見せつけてるようだ 「私を見て ほら凄いでしょ」ってね」と、九条さんを危険視します。

加藤機関を追い払って喜ぶ九条さんを、「何やってるんだよ九条さん・・・」と浩一は諌めます。何故か―――
IMG_0691_convert_20090125085859.jpg
「・・・街が・・・ 街が燃えているじゃないか」
眼下には先の戦いで崩壊した町並みが。
IMG_0692_convert_20090125085936.jpg
ここの九条さんの表情を読む上で思い出したいことが一つあります。

九条さんは浩一に来週末の東京公演のチケットを渡しに来たのですが、浩一たちが今週末に島根に行くことを知ると、自分も今週末は島根でライブだと言い、そこで会う約束を取り付けます。
その際、「・・・島根に行くの本当は憂鬱だったケド・・・」と九条さんが呟きます。イジメの記憶が蘇るのでしょうか。(第47話「スマッシュ・ドール」)

と以前取り上げたのですが、「・・・島根に行くの本当は憂鬱だったケド・・・」と言っているんですよね。
自分にとって嫌な思い出ばかりの街が崩れ、燃え落ち、無残な姿を晒している。そうなったのは何故か?その要因は何なのか?

自分の力。

それはどんなに気分がいいことなのでしょうか。
今まで来る日も来る日もイジメられ続けてきた九条さんならなおさらでしょう。

そして浩一のモノローグが入ります。
<初めて会ったあの時>
<俺は九条美海の命を救うコトは>
<正しいコトだと思っていた>
<だから>
<その所為であんなコトになるなんて>
<その頃の俺は想像すらしていなかった>


九条さん敵対フラグが立ちました。しかもここで重要ワードの「想像」が登場。
面白くなってきたっ・・・・・・。



―――次回 第51話「疑う心、暗がりの鬼」
  1. 2009/01/25(日) 09:06:11|
  2. 鉄のラインバレル(漫画)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『日常』4巻:簡単感想 | ホーム | アニメ『鉄のラインバレル』#16「黄昏の断罪」感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boricacid.blog79.fc2.com/tb.php/84-88de8811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。